SHINOBU-YOKO.COM ABOUT PRICE LIST CONTACT
FREE QUOTE
RESOURCES BLOG PAYMENT

BLOG

日々翻訳・通訳のお仕事をしていて、むむ、これは!? 
と思う事や、なるほどね〜、というようなことをブログとして残すことにしました!

IJET 2010 MIYAZAKI にいって来ました!

日英・英日翻訳者会議(IJET)に行って来ました。
すごい大規模で驚きました。ホテルも超豪華だし、まずホテルにいっぱい広告の札みたいなのが
貼ってあって驚きました。はっぴを着たボランティアの人がいていろいろお手伝いしてくれてました。
とても盛大!もっと地味に翻訳の会議してると思っていました。
セッションの内容もとても魅力的だったし、スピーカーの人たちはみんなとてもすばらしかったです。
夜のバンケットではいろんな翻訳者の人たちと交流することができたし、とても楽しかったです。
今年は宮崎旅行とかねてしまったので、どっぷり参加できなかったので、
来年のシアトルはもっと本腰をいれて行きたいと思います。
あー、楽しみ♪

Updated May 6, 2010

ジョン万次郎 日本でいちばん古い通訳者

ジョン万次郎、とても有名な幕末の通訳者ですね。
ペリーが来たときに米国とアメリカの通訳をしたのが有名ですが、
こんなにすごい人だったとは!!幕末はほんとにすごい人だらけで
個人的に日本の歴史の中でいちばんおもしろい時期だと思います。
(いまNHKの竜馬伝ではトータス松本が演じています。)
日本でいちばんはじめに「ABCの歌」を紹介した人だそうです。
とっても波乱万丈の人生だったようで、土佐出身で寺小屋にもいけないくらい貧しくて忙しい漁師の家に生まれ
海で遭難。4か月以上も無人島で生活。その後アメリカの捕鯨船に助けられて
アメリカへ。船長の養子となって猛勉強。語学だけでなく造船の知識も習得。大学は首席!
日本人ではじめてゴールドラッシュに参加。
日本に帰国後、島津斉彬のころの薩摩で英語の講師をしたり、幕末の舞台で活躍。
いまでもジョン万次郎の子孫のかたは、米国のファミリーと交流があるそうです。
それを聞いて心ほのぼの。
昔の偉人は本当にすばらしい!

2010年4月


先日関学のゼミのI先生の退任パーティーがあったのではるばる大阪まで飛んで行きました。
先生のスピーチの中で気になる用語があったので、調べてみました。
Secularization という単語です。
あまり耳慣れない単語だったので、スピーチを聞きながら「??」と思っていたのですが、
「世俗化」「教育(など)の宗教からの分離」という意味だそうで、いまやっと先生のスピーチの内容がしっくりきたところでした。
私のいった大学はキリスト教系だったので、先生は Christian University の今後の在り方をA4用紙4枚くらいで
英語でスピーチしてくださいました。ひさしぶりの講義みたいで大学の時を思い出しました!
「クリスチャン大学の世俗化」、確かにキリスト教系の大学といっても生徒が熱心にチャペルに参加するわけではないですし、
お祈りをささげるわけではないですもんね。
さらに先生は大学は4年間も必要ない、とおっしゃっていました。確かに今の大学生は3年生までの間に単位をとって
4年生は就職活動一色のようですね。大学でキリスト教の時間をもうけたりするのなら、
1年くらいハビタット(海外ボランティア)に生徒を連れて行ったりするほうが生徒のため、人として他人に仕えることができる、

In stead of teaching Christianity at University, but take students to Habitat to serve as human being.

私も同感です。

先生、素敵なスピーチをありがとうございました!

Updated on Feb 25, 2010

村上春樹、エルサレム賞受賞のスピーチ

つい最近、私のなかで1Q84を読んだせいもあって、村上春樹ブームがおこっています。
彼は尊敬する小説家であり、翻訳家であり、現代の私たちのコンセンサスを代表する人物だと思います。
そんな彼のエルサレム賞のスピーチを読みました。
オバマ大統領のノーベル平和賞のスピーチを聞いてがっかりした後のせいか
村上春樹のスピーチは心を打つ内容でした。
ぜひ全文を読んでみてください。

I have only one thing I hope to convey to you today.
We are all human beings, individuals transcending nationality and race and religion, and we are all fragile eggs faced with a solid wall called The System.
To all appearances, we have no hope of winning. The wall is too high, too strong--and too cold.
If we have any hope of victory at all, it will have to come from our believing in the utter uniqueness and irreplaceability
of our own and others’ souls and from our believing in the warmth we gain by joining souls together.
Take a moment to think about this. Each of us possesses a tangible, living soul. The System has no such thing.
We must not allow the System to exploit us. We must not allow the System to take on a life of its own.
The System did not make us: we made the System.
That is all I have to say to you.

For full English speech click here
日本語全文はこちら

Updated on Jan 24, 2010

Translation of Last will and Testament 遺言書の翻訳

Per stirpes = 本来相続すべき相続人が死亡してその子孫が代襲相続するとき、
複数の代襲相続人がいてもその合計が他の相続人と等分になる分割方法
Heir per stirpes で 代襲者

Updated on October 20, 2009

民事婚と宗教婚って?オーストラリアの Certificate of Marriage のなかで
According to Civil Rites = 「民事婚に則って」とありました。

結婚すれば役所に届け出をだすのがあたりまえですが、それとは別にキリスト教圏やイスラム教圏では
宗教婚(Religious Marriage)をしないと正式な結婚をしたことにならないこともあるそうです。
(オーストラリアは民事婚か宗教婚いずれかの形式でOKだそうです。)

民事婚は式を挙げたい場所(自宅、ホテルの宴会場)に司祭に来てもらうか、登記所にある式場で司祭に挙式してもらう。
18歳以上の証人が2人以上必要だそうです。
そういえば Sex and the City のキャリーは、最後は地味な民事婚のシーンだったような?

宗教婚は教会で資格をもった本物の司教のもと行われる必要があるそうです。
よく映画でみる外国の結婚式ですよね。
でも日本の教会(風)の式の牧師さん?はバイトの外国人とききます。
式でしゃべることを暗記しておく必要はあるそうですが、資格は必要なくとてもお金がいいそうです。
それはさておき、

文書の全体像はこんなかんじ↓

Commonwealth of Australia
Marriages Act 1961
Certificate of Marriage
Marriage was solemnised in the State of ...,
between the parties particulars of whom are given below.

On the DD MM YY
At Birth, Deaths & Marriages Registration Office, xxx
According to Civil Rites

オーストラリア連邦
婚姻証明書
1961年施行婚姻法に基づき
本婚姻は・・・州にて挙式が行われた。
結婚両当事者は下記に記載のとおり。

本挙式は、xxxx年xx月xx日
xxxx 出生、死亡、婚姻登記所にて
民事婚に則り執り行われた

ちなみに結婚せずに同棲する関係はデ・ファクト(de fact)と呼ばれるそうです。
また 民事婚は Civil Marriage のほうが使用例が多いかも。

Updated on August 27, 2009


離婚や国際結婚した人の戸籍謄本

まずよく見るのが、戸籍法77条の2、これは「離婚した後も、
だんなさんの姓を名乗る際提出する法令。
離婚した女性に子供がいる場合、たとえ母親が親権者でも
家庭裁判所で「子の入籍」の申し立てをしないと
自分の戸籍に子供は載りません。
離婚して、その後、外国人と結婚して、姓を旦那さん(外国名)の姓に
するときには戸籍法107条の2が適用される。

行政手続き上で不思議なのは、婚姻相手の公文書の記載について。
外国人のである夫は戸籍謄本には、欄がなく、妻の婚姻相手の欄にのみ記載があるだけ。
住民票も同じように、Japanese spouse (日本人配偶者)なのに、家族全員の住民票に外国人だけ
記載されない・・・これってどうなんでしょう?きちんと住民税払っていても載らないんですよね?
せめて住民票くらい発行してあげればいいのに。
登録原票だけが身分証明ということになるのでしょうか?
これだけ国際化されている世の中で改善されるべきことなのでは?と感じます。
日本の戸籍制度は排他的だといわれるのはこういうことか!と知りました。
時代とともに制度も更新されるべきですよね。

updated on July 18, 2009


最近読んだルーマニアの案件で、驚いたこと。
ルーマニアには「認知」の届け出の制度がない。
ルーマニア大使館発行の原文によると、誰でもルーマニアの市役所の職員の前で、
「この子の父親は私です。」と言えばその子供の父親になれる。
結構、ルーマニア女性と結婚する日本人男性が多いという事実も翻訳しながら知りました。
確かに普通の白人女性よりは小柄でブルネットの方が多いような気がするので
日本人男性にとってもバリバリの白人女性に比べるとお付き合いしやすいのかもしれない。

updated on June 30, 2009

SHINOBU-YOKO.COM
ABOUT
PRICE LIST
CONTACT
RESOURCES